「灘名産 十一の奈良漬」黒田食品

銘酒「灘生一本」の酒粕で幾度も漬け込み、仕上げた自慢の味をご賞味ください。

「十一の奈良漬」とは?屋号の由来

「十一(といち)」ブランドの起源を振り返ると、四国徳島の味噌・醤油の醸造元「十一屋」にたどりつきます。「十一屋」の創業者黒田八十八は、江戸時代から明治にかけて、四国徳島の鳴門で手広く商売を営んでいました。その後、八十八の息子夫婦(初代f一)が神戸に進出し、味噌・醤油の販売をするようになりました。初代f一は、地元で有名な「阿波たくあん」を大量に仕入れ、漬物の販売も手がけはじめました。徳島の吉野川流域は、野菜の産地で有名で、現在も関西の大切な野菜の供給地です。

やがて、二代目f一が、銘酒で有名な神戸・灘五郷の酒粕を、徳島の新鮮な野菜と組み合わせて、奈良漬を作るようになり、現在の「十一の奈良漬(といちのならづけ)」へと続いているのです。

←黒田食品株式会社沿革へ戻る

十一の屋号
十一ロゴ
神戸(ポートタワー)

トップへ↑

漬込用酒粕

ご自宅での野菜の粕漬けに最適の漬込用酒粕2kg・4kgです。ご希望の場合、数量限定となっておりますので、お早めにご購入ください。

*